エポキシ樹脂でコーヒー豆のオブジェを作る

コーヒー豆のオブジェ エポキシ樹脂

概要

エポキシ樹脂に、コーヒー豆を封入して、透明オブジェを作ります。
ここではエポキシ樹脂にコーヒー豆を封入する方法を紹介します。

コーヒー豆のオブジェ

Pic.1 コーヒー豆のオブジェ

使用するもの

材料

・コーヒー豆
・エポキシ樹脂(クリスタルレジンNEO)

道具

・はかり(0.1g単位で測れるもの)
・手袋
・カップ
・マドラー
・スポイト
・モールド(型枠)
・離型剤
・サンドペーパー
・コンパウンド

使用するもの

Pic.2 使用するもの

所要時間
・1週間程度(樹脂を3回に分けて硬化させるため、3日はかかります)

作り方

1.全体の流れ

今回は、コーヒー豆を樹脂の中心部に封入したいので、以下のような手順で作成します。
① 底層部分をつくる
② 中層にコーヒー豆を固定する
③ 中層・上層をつくる

イメージ図

Fig.1 イメージ図

作り方のフロー

Fig.2 作り方のフロー図

2. 型枠をつくる

樹脂を流し込む型を作ります。既製品の型を使う場合は、この作業は不要です。

(1) オブジェの形を決める
まず、オブジェの形を決めます。ここでは、シンプルな立方体を作ることにします。

形状の決定

Pic.3 形状の決定

(2) 展開図をつく

形が決まったら、プラスチックの板に展開図を書き込みます。板は100均で購入しました。次に、展開図を切り出します。このとき、折り目にカッターなどで浅く切り込みを入れておくと、次の組み立てが楽です。折り曲げたときに山折りになる側に切り込みを入れます。

展開図の作成

Pic.4 展開図の作成

(3) 型を組み立てる
(2)で作成した型を組み立てます。隣り合う面をテープなどでつなぎ合わせ、固定します。樹脂を流し込んだとき、漏れないように、きっちり止めておきましょう。

型を組み立てる(1)

Pic.5 型を組み立てる(1)

型を組み立てる(2)

Pic.6 型を組み立てる(2)

3.樹脂を混合する

クリスタルレジンNEOは、主剤と硬化剤を混合することで、化学反応を起こし、透明なエポキシ硬化物を作ることがきます。混合比は、重量比2:1(主剤2:硬化剤1)です。
主剤と硬化剤を、それぞれ必要なだけ取り出し、混ぜ合わせます。

(1) 主剤・硬化剤の取り出し
主剤と硬化剤を、必要なだけ取り出します。
混合後の樹脂は、液体のまま保存できないので、あらかじめ必要な量を把握して、無駄のないように取り出しましょう。
また、混合比がずれると、硬化不良を起こす恐れがあるので、はかりで正確に計量しましょう。

樹脂の計量

Pic.7 樹脂の計量

(2) 樹脂を混合する
主剤と硬化剤をマドラーで混ぜ合わせます。
満遍なく混ぜないと、硬化不良を起こすことがありますので、入念に混ぜましょう。
主剤と硬化剤が混ざってくると、感触が変わってきます。混ざり具合の参考にしてください。
混合後の樹脂は、徐々に硬化し始めます。取扱説明書には、作業可能時間(可使用時間)70分と書かれていますが、反応の速度は温度によって異なります。温度が高いほど早く硬化するため、作業時の環境に合わせて手早く混合を済ませましょう。

樹脂の混合

Pic.8 樹脂の混合

(3) 気泡を取り除く
樹脂を取り出すときや混合するときに、内部に気泡が含まれることがあります。
気泡が残ったまま硬化すると、完成後の見栄えに影響します。
気泡なしのオブジェを作りたいときは、気泡を取り除きましょう。
ここでは、樹脂を40℃程度に温め、流動性を高めてから、浮いてきた気泡をスポイトで吸い取りました。

気泡を取り除く

Pic.9 気泡を取り除く

4. 型へ流し込む(底層をつくる)

イメージ図(2)

Fig.3 イメージ図(2)

底層部分を作ります。型の深さ1/3程度まで、3.で作った混合樹脂を流し込みます。
樹脂は1か所から、ゆっくりと流し込みます。
流し込むときに気泡が入ったら、3.(3)と同じようにして取り除きます。

5. 中層にコーヒー豆を固定する

中層にコーヒー豆を置く

Fig.4 イメージ図(3)

底層の樹脂が固まったら、コーヒー豆を置きます。
このとき、少量の樹脂を、接着剤がわりに底層の樹脂上に垂らし、その上にコーヒー豆を置きます。
こうすることで、次に樹脂を流したときに、コーヒー豆が浮き上がり、位置がずれてしまうのを防ぎます。
コーヒー豆の位置や向きを整えたら、硬化して固定されるのを待ちます。

中層に少量の樹脂を垂らす

Pic.10 中層に少量の樹脂を垂らす

コーヒー豆を置いたところ

Pic.11 コーヒー豆を置いたところ

6. 中層・上層をつくる

中層・上層に樹脂を流し込む

Fig.5 イメージ図(4)

樹脂が硬化し、コーヒー豆が固定されたら、中層・上層のスペースに樹脂を流し込みます。
※ 一度に流し込む樹脂の量が多いと、硬化時の発熱量が多く、高温になり、コーヒー豆や型が変質することがあります。
樹脂の量が多くなるときは、複数回に分けて流し込みましょう。

中層・上層に樹脂を流し込んだところ

Pic.12 中層・上層に樹脂を流し込んだところ

7. 樹脂を型から取り出す

硬化が完了したら、樹脂を型から取り出します。

離型

Pic.13 型から取り出した樹脂

8.仕上げ・研磨

型から取り出したら、仕上げに形を整えます。
はじめに、ばりや注ぎ面の形を大まかに整えます。
サンドペーパーなどのヤスリで、不要な部分を削ります。
次に、ヤスリの目を段階的に細かくしていきます。

仕上げに、コンパウンドで面を磨いて仕上げます。

根気のいる作業ですが、磨くことでツルツルピカピカの立派なオブジェが作れます。

ヤスリ・コンパウンドによる仕上げ

Pic.14 ヤスリ・コンパウンドによる仕上げ(途中)

9. 完成

表面を磨き終えたら台座にセットして完成です。(台座も手作りなので、後日、作り方をアップしようと思います。)

焙煎具合の違うコーヒー豆を、生豆から順番に並べてみました。いい感じです。

コーヒー豆のオブジェ

Fig.15 完成したオブジェ

おわりに

今回はエポキシ樹脂にコーヒー豆を封入してオブジェを作りました。

出来はいい感じで、十分満足しています。これを眺めながらのコーヒータイムは、きっと充実することでしょう。

悔しかったのは、内部に少し気泡が残ったことです。いかにして気泡の少ないオブジェを作るかが、今後の課題になりそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました