ミイロタイマイの展翅

作り方

概要

昆虫の標本を作ります。
今回はミイロタイマイGraphium weiskei)というチョウの展翅をします。
ほかのチョウも同じ方法で標本をつくることができます。

作り方の詳細は、こちらのページで解説しています。

昆虫標本の作り方(スズメガ編)

使用するもの

・昆虫
・昆虫針
・展翅板
・玉針
・展翅テープ

展翅

1. 三角紙から取り出す

Pic.1 三角紙にはいった標本

標本を三角紙から取り出します。
標本はデリケートです。もろく壊れやすいため、無理な力がかからないように、慎重に取りあつかいます。

Pic.2 標本を三角紙から取りだしたところ

はねの裏側は、茶色きみどり色をしています。
体と下翅の下部にはが生えていて、フサフサしています。よく見ると、かわいい顔をしています。

ここで、次の作業に移る前に…

乾燥が進んだ標本の場合は、軟化(なんか)を行い、体を柔らかくほぐします。

軟化のやり方 は整理予定です。

2. はねの付け根の筋肉をほぐす

展翅をはじめる前に、はねの付け根の筋肉をほぐします。はねの付け根を針で数回刺し、筋肉を壊します。これをしないと、はねの位置を調整しても、もとに戻ってきてしまします。

Pic.3 はねの付け根の筋肉をほぐす

3. 昆虫針を刺す

虫の体に昆虫針を刺します。胸部の真ん中に背中側から刺します。

Pic.4 針を刺したところ

このとき、針は昆虫の背中から垂直に刺すように注意します。

4. 展翅板に取り付ける

展翅板中央のミゾに、昆虫を設置します。

展翅板の板の上面はね同じ高さになるように、設置します。

Pic.5 展翅板を横から見たところ

次に、はねを開き、展翅テープをかぶせます。

Pic.6 はねを開いたところ

はねを開くと、黒字に緑・青・紫の模様が見えました。
きれいな三色です。
紫色の部分は、ピンク色にも見えます。
模様の色はグラデーションになっていて、幻想的です。

Pic.7 展翅テープをかぶせる

展翅テープをかぶせました。今度は、はねの向きを整えていきます。

5. はねを整える

はねの向きを整えます。左右やりやすい方から、向きを調整します。上翅→下翅の順に整えていきます。

Pic.8 片方ずつはねの向きを整える

柄付き針を使って向きを整えます。
針先を翅脈にひっかけて、すこしずつ上へずらしていきます。このとき、はねを針でひっかかないように気を付けます。

Pic.9 柄付き針ではねの向きを整える

左右対称になるように整えます。はねの位置は、上翅の下側が水平になる程度を目安に整えます。図鑑の絵ほかの標本も参考になります。

羽を持ちあげることができたら、はねから少し離れた場所に玉針を刺します。展翅板とテープの間にはねを挟み、はねを固定します。

Pic.10 玉針を刺し、はねを固定する

左右のはねを整えおわりました。

6. 触角を整える

触角の向きを整えます。
柄付き針やピンセットを使って、慎重に向きや開き具合を整えます。

Pic.11 向きがバラバラな触角

触角が展翅板に乗らないときや、高さがそろわないときは、上下に紙をしき、その間に挟むと高さがそろいます。

Pic.12 紙をしいて高さをそろえる

触角の向きを調節し終えたら、元の形に戻らないように針と紙片で固定します。

Pic.13 向きをそろえたら紙片で固定する

展翅がおわりました。

7. 乾燥させる

はねと触角を整え終わったら、湿気がなくて、直射日光が当たらないところに置いて、乾燥させます。

おわりに

今回はミイロタイマイの展翅をしました。

ミイロタイマイはアゲハの仲間に属しており、アオスジアゲハなどと比較的近縁な種にあたります。
体格は小ぶりですが、色彩が豊かで美しいことが特徴です。
生息地はパプアニューギニアで、外国のチョウですが、日本では有名なほうだと思います。例えば、ポルノグラフィティの楽曲「アゲハ蝶」のCDケースに写っているチョウもミイロタイマイです。

いつか、元気よく飛び回る姿を見てみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました